任意売却のメリット

 
 「任意売却ってそもそも何・・?」

「任意売却って競売とどう違うの・・?」

「今の資金力では引越しもできない・・。」

「マイホーム手放さずに

住み続けることも可能なの・・?」
IMG_83150309.jpg
 
任意売却とは、抵当権などの担保権が設定されている不動産が、競売で売却される前に、その不動産の所有者自らの意思で売却して、その売却代金より抵当権やその他の担保権者が債権を回収して権利を解除して売却することです。

「任意売却」には下記のようなメリットがあります。

1.自分の意思で売却することができる


競売を行われ、せっかく苦労して手に入れた自宅が市場価格より安い値段で知らない誰かに買われていくよりも、任意売却により自分の意思によって売却を決められれば、前向きな気持ちを持って人生を再スタートすることができます。
 

2.手元に資金を残せる可能性が有る


競売と違い、任意売却の売却代金から、引越代の控除を認めてもらえる場合が多いです。
債権者も、債務者が引越しできなければ任意売却が成立しないことがわかっていますから、売買代金から一定の金額(金額は20万円~30万円程度が多いようです。)を債務者に渡して、引越しの費用に充てることを認めてくれることが一般的です。

3.競売よりも高値で売れる可能性が高い!


早く任意売却に取り掛かれれば、実際の市場価格により近い金額での売却が可能となります。 
従ってより多くの借金を返済できるようになり、残債務も減りますし、債権者も競売より早く・確実に・競売より多くの貸したお金を回収できます。
 

4.競売とは違いプライバシーが無視されるようなことがない


一般の不動産売買と同様の販売方法となりますので、ご近所に売却理由を知られる心配はほとんどありませんし、場合によって親しみのある地域に住み続けることも可能です。
 

5.所有者の持ち出し(売却時にかかる費用)がゼロ


ご依頼人の持ち出し金が全くかからない仕組みです。不動産仲介手数料は売却代金から費用として充てられるので料金の心配がありません。
 

6.売買契約交渉の中で引越し日について相談できる

競売とは違い、突然、新しい落札者が来て急な立ち退きを迫られることはありません。
債権者との交渉次第で引越し日をある程度自由に設定できます。
 

7.新しい生活の再スタートを気持ち良くスタートできる


競売ですと、高額の債務が残るケースがほとんどです。
任意売却では、競売よりも残債(売却後に残ったローン)が少なくなる、または全て無くなるケースもあり、債権者の残債務の対応(分割支払の金額など)も競売の場合とは全く違います。
 

8.自宅に住み続けることが出来る可能性がある


競売では当事者が入札に参加できませんし、身内や知り合いが落札できるかどうかはギャンブルと同じで賭けです。
任意売却では一定の場合には、利害関係人と調整してそのままご自宅に住み続けられる様にすることも可能になることがあります。
 

9.当事務所のサポートが受けられる


数多くの皆さんの再出発をお手伝いしてきた任意売却の専門家の責任として、当事務所では不動産の売買が終わった後でも残債務の処理のアドバイスや不安や疑問に至るまでお客様が気持ちよく再出発が出来るようにサポートいたします。
 
競売の取下げが任意にできるまで(買受申出人が決定される前)に話がまとまらなければならない(実際には、それまでに登記等の手続きを行うことになります。)、債権者などの利害関係人の意見がまとめなくてはならないなどの課題もあり、任意売却をしても残債が残ることもあるので、計画的に任意売却をしなければなりません。
 

その他のコンテンツをご覧になりたい方はこちら

 
 
 

 

 

札幌を中心に北海道全域に対応する当事務所は、住宅ローンの返済相談を無料でお受けしております

ImgTop7.jpg

 

札幌住宅ローン返済相談室(第一司法書士合同事務所)の詳細は下記をクリック!

事務所案内

アクセス

お客様の声

ご依頼までの流れ

料金表

HOME