任意売却後の残債ってどうなるの?

 
「任意売却はできた・・
でもその後の残債ってどうなるんだろう・・?」

「その後の返済ができるか心配・・。」

「任意売却の業者って
どこまでサポートしてくれるんだろう・・?」
IMG_85210143.jpg

 
売却価格より住宅ローンの残債務が多いために、任意売却後に債務が残ってしまうことをオーバーローンといいます。

このような場合に残債務を整理しないで放置していると、金融機関や保証会社は、サービサー(債権回収会社)に残貸金債権を譲渡してしまい、サービサーから返済を督促されます。
 
任意売却業者は、「借金がだいぶ減って、あとは毎月数万円を払うだけです。」ということを言ったりしますが、貸出金融機関との「毎月数万円を支払い続けて住宅ローンを完済したら、時効に関係なく、遅延損害金は請求しない」という旨の和解契約書を締結はしていないので、5年後、10年後の時効を迎える直前で遅延損害金の請求をされる可能性があります。
 
こうなってしまっては、れまで支払い続けた住宅ローンの残債務が全くの無駄になってしまい、実際には貯金することもできたお金ですので、人生プランが大きく崩れることになります。
法律のプロである我々であれば、貸出金融機関と和解契約書を確実に交わし、リスクを回避できるようアドバイスします。
 
金融機関から任意売却後の返済を求められた場合、督促を受けた人の資産収入状況や、残債務額などを比較検討し、自己破産・個人再生・任意整理の3つの中から、解決方法を選ぶことができます。
債務者本人に資産がなく、5年以上の長期分割でなければ返済できないような多額の残債務額がある場合は自己破産を選択する方がよいでしょう。
但し、自己破産により、一定の資格(生命保険外務員・損害保険代理店・証券会社外務員・株式会社取締役・後見人など)を喪失するような場合や諸般の事情で自己破産を避けたいときは、個人再生申立という方法もあります。
 
残債務が200万円以下なら、ある程度の安定収入があれば、任意整理の方法がよいと思います。
 

その他のコンテンツをご覧になりたい方はこちら

 
 
 

 

 

札幌を中心に北海道全域に対応する当事務所は、住宅ローンの返済相談を無料でお受けしております

ImgTop7.jpg

 

札幌住宅ローン返済相談室(第一司法書士合同事務所)の詳細は下記をクリック!

事務所案内

アクセス

お客様の声

ご依頼までの流れ

料金表

HOME