住宅ローンを延滞するとどうなりますか?

 
住宅ローンの支払いを、3か月~6か月延滞すると、期限の利益を喪失し、これ以上、住宅ローンを分割払いすることができなくなります。あなたは住宅ローンの借入先である銀行等の金融機関から、住宅ローンの残高全額を一括で支払うよう請求を受けます。
 
通常、住宅ローンの残高は高額ですので、一括返済するのは不可能です。すると今度は、住宅ローンの保証会社が、あなたに代わって住宅ローンの借入先の金融機関に一括返済します。これを、代位弁済といいます。
 
代位弁済をした保証会社は、本来あなたが金融機関に支払うべきだった住宅ローンを代わりに支払ったことになりますので、あなたは、今度は代位弁済をした保証会社に対して、住宅ローンの残額+利息・損害金を支払う義務を負います。
 
保証会社があなたに対して持っているのは、期限の利益があり分割払いをすることができる住宅ローンの債権そのものではありませんので、保証会社はあなたに全額を一括で支払うよう請求してきます。
 
保証会社の一括支払いの請求に応じられないと、最終的にご自宅が競売にかけられます。競売が行われ、買受人が現れると、あなたはご自宅を引き渡さなければならなくなります。また、競売で買受人が支払った代金は、通常、全額債権者の支払いに充てられ、あなたには1円も回ってきません。
 
このように、住宅ローンの延滞をすると、最終的には、競売によりご自宅を追い出されることになってしまうのです。
 
このような最悪の事態になる前に、司法書士等の専門家に相談し、早めの問題解決をすることをお勧めします。