住宅ローンの借入先から、「期限の利益喪失通知」が届きました

 
「期限の利益の喪失」とは、債権者が住宅ローン等の借金を、「一括で払え」と請求することができる状態です。一般的には、約束していた借金の分割払いができなかった場合に、期限の利益を喪失します。
 
期限の利益を喪失してしまうと、借金を一括払いしなければなりませんが、一括払いができなければ、最終的にはご自宅が競売にかけられてしまいます。
 
ご自宅を手放しても仕方ないとお考え場合は、ご自宅を任意売却することで、引越しやご自宅の引渡しに関し、有利になる可能性があります。
 
ご自宅を手放したくない場合は、住宅資金特別条項付個人再生の申立てを検討しましょう。
 
 いずれにしても、お早めに司法書士等の専門家にご相談することをお勧めいたします。