ローンが残っている車はどうなりますか?

 
債務整理の方法によって異なります。
 
(1)自己破産・個人再生
   自己破産・個人再生の場合は、一部の債権者を除いて処理をすることができませんので、ローンが残っている車
      があれば、そのローン会社も含めて処理をする必要があります。
   そして、ローンが残っている車の所有権はローン会社にあるため、司法書士や弁護士に自己破産・個人再生の手
      続きを依頼すると、ローン会社が車をお客様の手元から引きあげて、車を売却処分してしまいます。
   したがって、自己破産・個人再生の場合は、ローンが残っている車をお手元に残すことは、原則できません。
 
(2)任意整理の場合
   車のローン会社を任意整理に含める場合、自己破産・個人再生の場合と同様、車は引きあげられてしまいます。
   ローン会社を任意整理に含めない場合は、約束通りローンの返済を続けることで、引き続き車を手元に置いてお
  くことができます。